【海外WiFiレンタル】台湾を旅行する時におすすめWi-Fiを紹介!日本で借りて来なくても大丈夫。【現地調達】

Sunlight pours through the clouds

こんにちは、書川(カキカワ)です。

2年ぶりくらいに海外旅行で、初めての台湾旅行に行ってきた。日本からの旅行者でとても大きなwifiを持ち込んでいる方がいたけど、現地でも安くて通信も良好でコンパクトな端末を借りられるので共有する。

機能性、価格帯でオススメの海外Wi-Fiレンタル

結論から言うとおススメしたい海外レンタルWiFiは「wi-ho!(ワイホー)」一択。

台湾の桃園空港にだけでなく、おおよその空港には無料のwifiが飛んでるから日本でWiFiをレンタルしなくても大丈夫。

桃園空港に到着してからやるべき事はコチラ。

慣れない外国語を話すのって勇気がいるよね

桃園空港に到着ロビーの目立つところに3つのwifiレンタルサービスを提供しているブースが有った。

話を伺うと、その中の一つはSimカードのみ取り扱っているようだった。レンタルする時は保険のためにデポジットとして大金を事前に支払わなくてはいけないらしい。返却時に現地通貨を返金されたところで使い道がないから困る。

台湾の友人に空港の目立つブースには不便なサービスしかないと相談したら、Wi-Ho!を調べるように勧められた。

日本から友人が到着するまでにまだ時間に余裕があったから、空港内にWi-Fo!のレンタルカウンターを見つけてサービス概要を伺ってみた。

桃園空港の到着ロビーに着いてから、Wi-Ho!レンタルカウンターまでの道順

入国審査を終えて到着ロビーに行くと案内板があるので左に進む。

easy-card-1

突き当たりには目立ったWi-Fiレンタルブースが見えて来る。左手には「SUBWAY」。

easy-card-3

この通路を右側を見ながら歩いていくとWi-Ho!の小さなカウンターがひっそりとある。

現地通貨に両替することをお勧めする「台灣銀行」も近くにあるから目印になると思う。

目立つカウンターの行列に隠れている場合もあるから特に見つけにくいけど、Wi-Ho!の方が料金プランの満足度が高いと感じた。

友達がWi-Ho!のスタッフは日本語が通じるって教えてくれたからWi-Fiのレンタルについて色々聞いてみた。

・支払いは台湾元かクレカ払いを選択できる。

現金の場合は他店と同様に数千元をデポジットとして事前に支払うシステム

クレカ払いなら、紛失や損傷させない限りはレンタル代のみ引き落としなので無駄がない。

・1日あたりの料金×利用日数でシンプルな料金設定

日本語でしっかり意思疎通が出来るので、海外旅行が初めての方でも安心安全。

・実は日本の会社(テレコムスクエア)

Wi-Ho!はどうやら事前にネット予約をしておいたほうが良かったらしい。

4日分レンタルして、3人で636元だったので1人1日あたり53元/約200円。

4日間、実際にサービスを利用してみて

忖度なく、控えめに言って自信を持ってお勧めできるサービスだった。地下鉄でもサクサクだし、常に3人同時に接続しているのに低速化することはたったの一度も感じることはなく、快適なネットワーク環境だった。

返却時もスムーズに手間もなかったから次回も台湾に行く際は事前予約でリピート確定。

海外旅行は国内旅行と同じくらい簡単

海外に行くハードルって思った以上に低かった。

僕は5年のパスポートと掛かる費用がさほど変わらなかったから思い切って10年のパスポートを選択したけど、掛かった費用は1.5万円くらい、申請してから1週間くらいで取得できた記憶。

アジア圏であれば、国内旅行と移動時間や航空券やホテルの料金に大きな差はないし、物価が安い国であれば国内よりもリッチな時間を過ごすことも出来ると思う。

旅行に行く計画がなくてもトリバゴなどのホテル比較サイトを見ているだけで楽しい。アジア圏だと特に休みがまとまって取れなくても、韓国や台湾はフラっと行けるなぁ。