【Python | Jupyter Notebook】Nbextensionsをインストールする方法!導入するべきオススメの拡張機能の5選【業務効率化】

こんにちは、書川(カキカワ)です。

乃木坂46のドキュメンタリー映画を観てきましたが、上映期間や場所が少なくて焦しました。すでにDVDも出ているようですね。

今回はPythonのツールの1つJupyter Notebookをパソコンに導入した後、更に使いやすい環境にしていくために以下の2点を紹介します。

  • ・拡張機能のコレクションを導入する方法
  • ・僕がオススメの拡張機能の紹介

※Pythonの環境構築については以下の記事でご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

拡張機能のコレクション「Nbextensions」をインストールする。

Nbextensions」は、Jupyter Notebookの拡張機能が集まっているコレクションになっておりますので、先にインストールしておくと非常に効率的に操作ができます。

Jupyter Notebookに「Nbextensions」をターミナルを使ってインストールしする方法を紹介します。

ターミナルやAnaconda promptに以下のコードを入力してエンターを押します。

pip install jupyter-contrib-nbextensions

以下の画像のようにJupyter NotebookのHomeを確認した時に上部のメニューバーにNbextensionsがある事をを確認してください。

拡張機能が追加されている事をすぐに確認出来ない場合は、再度読み込んだり、少し時間をおいたりする。それでも確認できない場合は再度「Nbextensions」をインストールを試してみてください。

An extension collection has been added to jupyter

これで「nbextensions」のインストールは完了です!

Nbextensions」の中で僕がオススメしたい拡張機能

Jupyter_nbextensions

個人的にお気に入りの拡張機能を紹介します!

機能は多いければ多いほうが良いという訳でなく、最適量で自身の分析目的にそう拡張機能を選択して頂けれなと思います。

導入したい機能があれば、チェックボックスに✔️を入れるとそれだけで導入完了して、機能を外すときもクリック一つで楽にカスタマイズが出来ます。

1.Hinterland

コードの補完機能です。画像のように、次に入力できるコードを補完してくれます。早いコーディングには必須ですよね。

jupyter hinterland

2. isort formatter

自動でコードを整形してくれます。

Pythonは、スペニットでコードの塊を認識する言語なので、綺麗に整理されていないと、ループや条件分岐のコードも見づらくなってしまいます。

isort formatterをインストール後はメニューバーにある赤枠のハンマーのようなボタンが出てくるので、クリックするだけです。

pre-autopep8
[反映前]
after-autopep8
[反映後]

3. Codefolding

テキストエディタのようのにコードを折りたためるようになります。

pre-Codefolding
[反映前]
after-Codefolding
[反映後]

4. Table of Contents (2)

Jupyter Notebookはマークダウン機能があり、資料作成などでも役に立ちます。その際、大見出しや小見出し等を作る事で自動的に目次を作ってくれる便利な機能です。

officeソフトやGoogleDocを開いて資料作成をしなくても、Jupyter Notebookで一括して作成出来るから最高ですね。

pre-jupyter-table-contents
[反映前]
after-jupyter-table-contents
[反映後]

Variable Inspector

作業ファイルのJupyter Notebookの中で宣言されている変数一覧を表示します。

Variable Inspector

まとめ

今回は、データ分析の際に便利なJupyter Notebookを自身に最適化させる便利な機能を追加する方法を紹介しました。

普段から使わなさそうな機能を入れても仕方がないのですが、便利なツールを使わない理由はないです。自分なりに使いやすいJupyter Notebookが完成すると良いですね。

Pythonでデータ分析をする際に必要な知識は、酒井 潤さんのUdemyを受講して学日ました。今でも復習するときは気になるところだけを動画で見返しています。

技術書を一冊買うよりも安く購入できるタイミングもあるので、ぜひUdemyのコースも見てみてください。

書川が実際に受講しているコース
Python 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイルを学ぶオンライン講座

そんな感じです。


Asset
13 Posts
Bygone
28 Posts
Coding
14 Posts