【台湾旅行記|3泊4日】初日から台湾人の優しさが身に沁みる。台湾で一番美しい景色を教えてもらった。【1日目】

こんにちは、書川(かきかわ)です。

海外旅行の前日はワクワクが止まらない。羽田空港に前乗りした前回の記事では、飛行機に乗り込んでからすぐに爆睡でした。

本当に、いつ眠りについたのか分からないくらい気絶してました。

桃園空港に到着!台湾語に囲まれて海外にいることを実感。

飛行機で目を覚ましてすぐ、台湾上空にいるお知らせと共に『台湾は上空からの撮影はしてはいけません。』と案内が流れてきた。

チラリと見えた上空からの台湾は緑が多い島という印象。
当日は大阪からの友人2人が夕方15時頃に桃園空港に到着するとのこと。それまで空港内を巡ることにしました。

Arrived at Taoyuan Airport

僕が午前6時前に羽田空港を飛び立ち、3時間30分のフライトと-1時間の時差で、台湾に到着した時の現地時間は午前9時前でした。

桃園空港についてからやるべきことが3つがあるので、友人の到着を待っている間に全て済ませておきました。

こちらの記事をぜひ参考にどうぞ。

約一年ぶりに友人と再開!嬉しさ溢れている様子だった。

3つのやるべきことを完遂してもまだまだ時間があったので、羽田空港での作業の続きをしようとパソコンを開くと、何とWordpress(このブログ)の管理画面に入れないエラーが発生。

以下の記事にまとめたのけれど、このエラーは帰国してからも一時続いて本当に焦りました。

シャットダウンせずに国を跨いだらエラーが起きるのかな?

easy-card-6

大阪から友人が到着したので、台湾に住む友人と待ち合わせをしていた台北駅まで向かう事にしました。

MRT(台湾の地下鉄)からの景色は右と左では正反対の印象を持ちました。
自然豊かな景色の反対側は、住宅街や建物が立ち並んでいる景色。このような両極端の景色は日本ではあまり見ることが出来ないです。

GIVERのようなSF映画に出てきそうな景色だと感じました。

View from MRT heading to Taipei

台北駅に到着すると、早速台湾に住む友人が迎えに来てくれていました。
遠目からでも分かる満面の笑顔で動画を取りながら手を振っていることから、この再会を心から楽しみにしていたのが伝わってきました。

そういえば、出発前に食べた蒙古タンメン以降、しっかりとした食事を取っていない。
日本からきた我々3人はみんなお腹がペコペコだったので、台北駅内で台湾料理「牛肉麺(ニュウロウミェン)」を食べることにしました。

テーブルに調味料が置いてあって、そこに大好きなラー油があったから日本にある調味料の感覚で入れて啜ったら物凄く辛い。どちらかというとむせる方の辛さでした。

牛肉麺を調べる

I ate beef noodles at Taipei Main Station

淡水河の美しさに感動。有名な観光地らしい。

お腹を満たした後は淡水河へと向かいました。淡水駅に降りると目の前には海のように広い河が見えてきた。

Arrived at Tamsui Station

淡水駅の近くには商店街があって様々なジャンルのお店がぎゅうぎゅうに立ち並んでいた。まるで鉄コン筋クリートのような風景。

A shopping street in Tamsui

歩き進んでいくと、僕の大好きな「黒糖タピオカミルク(黑糖珍珠鮮奶)」のお店を発見。

2019年8月現在の東京、特に原宿ではタピオカのお店が乱立していてカオス状態です。
それなのに見るたびに大勢の人が並んでいるから流行こそ混沌。ちなみに国内のタピオカ屋さんだと「The Array」が好きです。

淡水で見つけたタピオカ屋さんは、日本にはまだ出店していないお店だった。Instagramはコチラ▶️「李圓圓 Bubble Lee

気になる値段は、黒糖タピオカミルクは55元/約200円。台湾のタピオカは安いとはよく聞いていたけど本当だった!

今まで飲んだタピオカの中で圧倒的に一番美味しかったです。

https://www.instagram.com/p/B0nuQu6pX_1/?utm_source=ig_web_copy_link

そのあとは、台湾の神社で台湾式のお参りを経験したり、台湾基督長老教会を見たりしっかり観光しました。

Taiwan Christian Presbyterian Church

商店街をぐるっと回ったところで、先ほどの淡水河に帰ってきました。この日は平日だったけど、お祭りのように屋台が出ていて沢山の現地の方で賑わっていました。

淡水河はとても綺麗なサンセットが見れると有名で期待大。当日の夕方の空は少し曇ってきて、綺麗なサンセットが見れるか不安だったけど、綺麗な夕焼けが雲に反射していて、幻想的な景色を作り上げていた。

Tamsui river sunset

たくさんの人たちが夕焼けを眺めている景色に心が満たされた。

Tamsui river sunset-2

淡水河沿いで散歩をしていた犬の『トントン』。飼い主の方が快く遊ばせてくれた。

The dog's name is Tonton

本当に台湾のみなさんは心が温かい。「トントン」かわいい。どんな感情なの。

The dog's name is Tonton-2

台湾のローカルスーパーが最高

すっかり辺りが暗くなったところで、台湾に住む友人の同級生が家に招いてくれているとの事で晩御飯をご馳走していただくことになりました。

その道中に手ぶらでは悪いからと、ビールを何本か調達するために【全聯福利中心】という台湾では一般的なスーパーのに立ち寄りました。

Taiwan supermarket

駐車場からの入り口だからすごく裏口感が出てる。ビアバーが好きな僕にとって、海外のビール売り場はすごくワクワクでした。

Taiwan supermarket beer counter

手作りの沢山の台湾料理だけでなく、日本からきた僕たちに台湾で有名な魯肉飯(ルーローファン)のテイクアウトもして用意して待っていてくれてました。

Taiwanese local dinner

食後には、高級な花のような香りのする烏龍茶を入れていただいた。

僕の知っている烏龍茶じゃない。緑茶とも違う華やかな香りでまた味わいたいお茶です。

Taiwan's glamorous green tea

食後のデザートとしてマンゴーを用意して頂きました。

惜しみなく、果物屋さんに並んでいるくらいの量のマンゴーを持ってきたときは驚いた。え、台湾セレブなのかな。

この日だけで1年分のマンゴーを食べた気がします。

Taiwan delicious mango

窓からの景色は静かだった。高層マンション、、、

Taiwan night view

もっと近くに台湾の最も綺麗な景色があった。

台湾の友人に『台湾の一番綺麗な景色って何か知ってる?』と質問された。

淡水のサンセットも綺麗だし、夜景も文句ないほど綺麗だし、他にもどんな景色があるんだろうと気になった。

友人曰く、『台湾の一番綺麗な景色は人。』とのこと。この言葉を台湾では代々伝えられると教えてもらった時は、どこまで台湾の人たちは心が豊かなんだろうと感じた。

夜もすっかり更けたから、台湾の友人の実家に帰って、その日は就寝。これにて1日目は終了。1日とは思えないほどの充実した時間だった。まだまだこの旅は続いていく。


Asset
13 Posts
Bygone
28 Posts
Coding
14 Posts