【サブスク】音楽アプリのSpotifyのコンセプトが素晴らしいから皆んなに伝われっ【マッチング】

spotify-8

こんにちは、書川(カキカワ)です。

最近までは音楽を聴くとなると、パソコンにCDデータを取り込んだりダウンロードしたりしてからiPhoneに取り込んでいた。

今ではそんな手間がなくなり、定額制で聴き放題のサービスがいくつか出てきているのが、すでに利用している方は少なくないだろう。

Spotifyは何が出来るのか。

最近使い始めたSpotifyのWEBサイトに書いて居たコンセプトが素晴らしかったからここでシェアしようと決めた。

まずはSpotifyのサービスで何が出来るのかを3つまとめてみた。

4000万曲以上を無料で聴き放題

普段から使っているスマートフォンやタブレットにアプリ1つをダウンロードするだけで世界中の曲にすぐにアクセス出来るようになって、革新的だと感じたのはきっと僕だけではないはず。

これでもうデータの管理は一切必要が無くなったのだから生活はだいぶ豊かになったと感じる。

❷世界のSpotifyユーザーが作成する20億以上のプレイリスト

Spotifyには世界のユーザーがテーマに沿ったプレイリストを公開しているのは大きな特徴だと思う。

聞きたい音楽を検索して自分のためのプレイリストを作るのは面倒だと感じる方も安心な機能がある。

「ランニングで聴きたい曲」、「ドライブ中に聴きたい曲」、「好きな人といい雰囲気になれる曲」などシチュエーションに合わせてプレイリストが選べるようにAIが判断し簡単にその時の気分で音楽を流すことが出来る。

再生しているプレイリストの中で気に入った曲があればその曲をお気に入り追加することで、自分のプレイリストも作成できる。

ふと流れた曲を気に入ることがあるように、音楽との新しい出会いや発見ができる素晴らしいマッチングサービスだ。

❸いつでも無料でフル尺再生

基本的には聴き放題のサービスだが、Spotifyには有料のプランも用意されている。

Spotify Free
・無料プラン:月額¥0
期間:無制限
1時間にスキップできる曲数は6曲までで、YouTubeのように曲と曲の間に15秒程度の広告が流れる。

Spotify Premium
・プレミアムプラン:¥980/月額
Spotify Freeと比較すると、
– 曲のスキップが無制限
– 広告がない
– 高音質設定可能

現在「Spotify Free」のプランを利用しているが、広告は気にならないし音質に関しても特に不満に思うことはない。

Spotifyはアーティストを応援している事実

無料で音楽を聴くことに対して罪悪感を抱く方がいるかも知れないが、Spotifyユーザーはそれを誇りに思えるような仕組みになっている。

なぜなら、普段の生活の中では出会うことのなかった楽曲を発見したり、新人アーティストの楽曲が、自国より海外で先に人気が出たりするなど、多くサクセスストーリーが生まれている実績があるから

アーティストへの印税はSpotifyで流れる広告収入から支払われており、さらにSpotifyを通じて、本当に素晴らしいことだ。

spotify.com

Spotifyの始め方をシェア!

App-Store-img

Google Play img

お使いのデバイスにダウンロードしたら、『新規登録(無料)』から登録していく。Facebookのアカウントがあればすぐにログインが出来る。

spotify-1

普段お使いの『メールアドレス』を入力する。

spotify-2

Spotifyの『パスワード』を入力する。

spotify-3

生年月日を設定する。

spotify-4

先ほど登録したメールアドレス宛に届くアカウント確認メールを開き、『アカウントを確認する』ボタンを押す。

spotify-5

これで登録完了。

spotify-6

自分の好みのアーティストやジャンルを選択すると、Spotifyがオススメのプレイリストを表示するようになる。

spotify-7

これでたくさんのアーティストに出会える準備は完了。