【桃園空港】悠遊カードの購入方法を紹介!電車やコンビニでも大活躍【台湾】

こんにちは、書川(カキカワ)です。

僕が台湾を旅行する時にとても便利だと感じた、悠遊(ゆうゆう)カードを紹介します。

今回が初めての台湾旅行だった僕は、前もって台湾の友人に教えてもらっていた台湾旅行で有ると便利な悠遊カードを桃園空港で手に入れました。

右も左も分からない桃園空港で、近くにいた空港職員のお姉さんに「桃園空港駅(MRT)乗り場のチケット売り場行くと購入できるよ」と親切に教えてくれました。

そもそも、悠遊カード(easy card)って何?

悠遊カードは英語でEasy cardと書きます。
日本でいうSuicaやICOCAみたいな交通系ICカードで、日本と同様に台湾の公共交通機関やコンビニでも使えるし、使用期限はないから旅行終わって持ち帰る事も可能でした。

注意したいのは、返金が出来ないから足りない時にその都度チャージすることをお勧めします。
あとは細かいお金はお土産がてらに台湾のコンビニで小物を買って使い切るのもアイデアの一つです。

厳密に返金は出来るけど、出勤手数料を幾らかかかるのと、そのカードはこれ以上使えなくなると駅員さんに説明されました。

悠々カードは本体の値段は100台湾ドルです。よっぽどの大金を入れてしまった場合以外は、返金対応するのはもったいないと感じました。
僕が旅行した時の1台湾ドルは日本円で3.5円ほどでした。

桃園空港の到着ロビーから購入場所までの道順を紹介

ワクワクしながら入国ゲートを通り抜けます。

到着ロビーに到着すると沢山のお出迎えの人たちがいました。
もちろん、僕を待ち受けている方達ではありません。
見上げると案内板があるので、左側に曲がってください。

easy-card-1

突き当たりまで直進します。

上部の案内板に小さく「South Meeting Point」と書かれているので、それを目印に直進します。
ここまでで迷子になったら方はいますか?

easy-card-2

突き当たりを左に曲がります。

写真には写っていないですが、左手にはSUBWAYがあり、右手には台湾で使えるWi-FiのレンタルやSIMカードのブースが並んでいました。

以下の画像は突き当たりを左側に向いたときの視界です。
この行列のみなさんはWi-fiレンタルに並んでいたのですが、ここよりもお得な価格でレンタルできる場所が列に隠れている壁面にありました。

行列は効果絶大なマーケティングですね。

easy-card-3

進んでいくと出国手続きロビーが見えてくる。

行列の方向に向かって少し狭い通路を30秒ほど歩くと、左手に広場が見えてきます。ここは出国手続きロビーでした。

左手に広い出国ロビー、右手には小さなお土産屋さんが壁面に並んでいますので、そのままどこにも曲がらず真っ直ぐ進んでください。

easy-card-4

桃園空港駅(MRT)乗り場に行くためのエレベーター。

突き当たりにつくと右手にガラス張りのエレベーターがあるから、地下二階まで降ります。

easy-card-6

エレベーター横の案内板

ちなみに空港内の案内板はどの方向に何があるかしか表記されていないから、階数が分かり辛かったです。

実は入国ゲートを出たところにある案内板も同じような表記になっています。
どうしてだろう?

easy-card-5

エレベーターを降りたらすぐに右手に進みます。

easy-card-8

通路を直進すると改札口に到着。

台湾では、プラットフォームを「月台」と書くようだ。かっこいい。

easy-card-8

チケット購入について案内板があるから安心です。

案内板の一番左のカードが悠遊カードです。それ以外のカードはよく分かりません。

日本と違うところはデポジットではなく買取型のところです。100元/約400円。500元払って400元がチャージされる仕組みとなっています。

easy-card-10

これが【悠遊カード】です。

かわいいですね。もし本当にどのカードを買うのか分からない時は、この画像を指差して「プリーズ」といえばどうにかなると思うので安心です。

easy-card-11

そんな感じです。


Asset
20 Posts
Bygone
28 Posts
Coding
14 Posts